A man casts his vote into a mock ballot box at an election event hosted at the U.S. ambassador's residence in Kathmandu, Nepal November 9, 2016. REUTERS/Navesh Chitrakar - RTX2SO5H

SAP | U.S. Election 2016

TECHNOLOGY PARTNERSHIP

課題

データジャーナリズムは、2016年の米大統領選挙における、ニュースメディアが作成する数え切れないほどの記事から2人の大統領候補の勝率を計算することにおいて大きな役割を担いました。ロイターの既存の投票データベースは、ビッグデータをリアルタイムで十分な速さで計算することに課題がありました。ロイターは、大統領選の行方を知り、素早く記事化するために、新しい投票が投票される毎に、自動で抽出するより良い方法が必要でした。

 

ソリューション

ロイターはSAPとパートナーシップを結び、彼らの主要テクノロジー(SAP HANA, SAP Mobile, そして SAP HANA Enterprise Cloud)をロイターのプロダクトに統合しました。このテクノロジーは、米大統領選挙のデータが、顧客に届くスピードを加速させ、コンシューマーに対して、自身でデータ分析をする新しいプラットフォームを作ることができました。

Election Poll

テクノロジーパートナーシップ

SAP HANA製品はロイターPolling Explorerのテクノロジーを舞台裏で向上させました。ロイターはSAP HANAを備えたウィジットを埋め込み2015年にウェブサイトを再度ローンチし、オンラインユーザーが求める問いに対してほぼすぐに回答を出すことができました。

SAP Hana

モバイルアプリ

ロイターはSAP Mobile PlatformテクノロジーをWhite House Runアプリに統合し、Polling Explorerのデータも組み込み、米大統領選挙のシミュレーションを体験できるようにしました。ロイターは、SAP HANA Enterprize Cloudサービスをアプリに適応し、開発を加速させ、一次投票シーズンに間に合うようにローンチさせることができました。

 

コンテンツ・シリーズ

ロイター・プラスはSAPのオンラインマガジンやDigitalistに掲載されたデータジャーナリズムと、選挙についての一連の分析記事、ビデオ、インフォグラフィックスを作成しました。

Digitalist

「ロイターチームは、すべてのステップにおいて、様々な角度からプロジェクトを活用し、情報をより多くの人へ届ける方法を考えていました。」

Alycia De Avila, Senior Director of Global Sponsorships at SAP

お問い合わせ

海外発信、多言語制作、集客向けのデジタルマーケティング業界資料をご希望のマーケター様は「ロイター・プラス」にご連絡ください。